2019年8月31日土曜日

【朝ライド 芋井 2019.8.31(土) 】

8月最終日の朝ライド。本日はソロ。


先週と同じく19~24℃。夏も終わり、といった陽気ですがまだ少し暑かったです。



実は少し前からギアクランクの歯数を『50-34T ⇒ 48-32T』に変えました。
2つだけの差ですが、後ろのギアが1~2枚ほど余裕が持てるようになり、とても具合良いです。
まだ2回しか乗れていないので、まだまだこれから試す感じではありますが。


芋井からの景色は雲がかかっていました。


余談も余談ですが、先日の金ローでラピュタが放映されましたが、また視聴してしまいました。(^^;

何度も観てしまいますが、ラストのシータのセリフがとても響きましたのでついつい。

『土に根をおろし風と共に生きよう
種と共に冬を越え鳥と共に春をうたおう
どんなに恐ろしい武器を持っても
たくさんの可哀想なロボットを操っても
土から離れては生きられないのよ!』


どれだけ科学が発展しようと、人類はやはり地に足をつけないといけないんですネ・・・。年を重ねるごとに見る観点が変わってきます。




2019年8月30日金曜日

【タクリーノ チェーンオイル マホウ(滴下式) 入荷】

大変ご好評いただきましたチェーンオイルのタクリーノの滴下式を入荷しました。

実際に使用した方から「チェーンの動きが大変軽やかになって具合良いです♪」、とのご意見をいただきました。
ここぞというときの一本として是非いかがでしょう。(^^)/

一本 税込¥1,728

2019年8月29日木曜日

【中古車クロスバイクのご案内】

中古車のご案内です。販売完了次第、随時更新します。

当ショップホームページにも掲載しています。
https://cytod.com/category/sale

【中古車】ジャイアント2018 エスケープR3 M ブラックトーン

  • [定価] ¥当時 ¥56,160(税込)
  • [セール価格] 39,800(税込)
サイズ     M
適正身長     170-185
フレーム素材     アルミ フォークはクロモリ
カラー     ブラックトーン
重量     ---
パーツ仕様     シマノ アルタス他 24段変速

仕様

国内クロスバイクのベンチマークとして名を馳せる、ジャイアントジャパン渾身のベストセラー「エスケープ R3」。フレーム、フォーク、ホイールの細部までこだわり、スポーツ性能と快適性、日常使いの耐久性をバランスよく実現。28Cタイヤの快速性能とワイドレンジな24段変速付です。

https://cytod.com/sale/%e3%80%90%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%bb%8a%e3%80%91%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%882018-%e3%82%a8%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%97r3-m-%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%88


【中古車】LOOK 2003 KG381i 490mm ローランジャラベール

※9/7(土)  本製品は商談中です。



  • [定価] ¥当時完成車¥730,000(税込)
  • [セール価格] 完成車¥146,000(税込)
サイズ     490mm
適正身長     162-175
フレーム素材     カーボン フォークもカーボン
カラー     ローランジャラベール
重量     ---
パーツ仕様     カンパ レコード 20段変速

https://cytod.com/sale/%e3%80%90%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%bb%8a%e3%80%91look-2003-kg381i-490mm-%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%bc%e3%83%ab

【中古車】コルナゴ2008 Master X-Light 510mm サローニ

※9/2(月)  本製品は完売致しました。



  • [定価] ¥当時完成車¥690,000(税込)
  • [セール価格] 完成車¥169,000(税込)
サイズ     510mm
適正身長     162-175
フレーム素材     クロモリ フォークもクロモリ
カラー     サローニ(レッド/ホワイト胴抜き)
重量     ---
パーツ仕様     カンパ レコード、コーラス、ベローチェMix 20段変速

https://cytod.com/sale/%e3%80%90%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%bb%8a%e3%80%91%e3%82%b3%e3%83%ab%e3%83%8a%e3%82%b42008-master-x-light-510mm-%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8b





2019年8月27日火曜日

【しつこい汚れ落とし】

本ショップの修理用の貸し出しクロスバイクでチェーン洗浄の練習。

新聞紙を引いて、いざ。


※ちょっと汚い写真が多いので、お食事中の方はご注意を。(^^;













まずはチェーンの前にプーリーの掃除。いろいろと蓄積された汚れの集合体・・・。


ブラシでは落ちないのでマイナスドライバーでホジホジ。こんだけ落ちます。


ほじほじした後のプーリー。


続いてチェーン。ディグリーザーは毎度おなじみ、花咲かG。


ごってごてに汚れているので普通のブラシではだめなので・・・容赦なく金ダワシでいきます。


ちょっと磨くとこんなかんじ。


頑張って一周分ごしごしします。


結果がこちら。時間かかりました。💦


冒頭で掃除したプーリーはチェーン洗浄前には必ず行うことを強く勧めます。
チェーンが必ず通る部分なので一番汚れてます。



2019年8月25日日曜日

【2019 第34回 マウンテンサイクリングin乗鞍ヒルクライム 結果】

マウンテンサイクリングin乗鞍 チャンピオンのリザルトが早くも出ていました。

昨年優勝の方が2連覇。 

これから走られる方々、ファイトです!✊

なお、他のリザルトはこちらから。


2019年8月24日土曜日

【朝ライド 芋井 2019.8.24(土) 】

恒例朝ライド。本日は2名。


朝は19℃~24℃と、かなり快適な朝。夜は冷え込んで寒さで起きてしまいます。(窓全開で。(苦笑))




本日は『24時間テレビ42ドラマスペシャル 絆のペダル』が放送予定ですね。

https://www.ntv.co.jp/24h-drama2019/

長野市出身の自転車競技(ロードレース)選手『宮澤崇史』さんを題材にしたドラマです。
地元の選手でかつ自転車のドラマなので、是非とも視聴したいと思います。

[Wikiより]

2001年の秋に母親が病に倒れる。その際、母に肝臓の一部を生体移植で提供している[5]。このとき母自身は「移植手術を受けなければ死に至る」と宣告されながら、息子の選手生命への影響を気遣い、手術を受けないつもりだったという[6]。生体肝移植の専門医によると「生体肝移植を受けてトッププロまで復帰したほぼ唯一の例」[7]。 

2019年8月23日金曜日

【お願い お店横のダンボール】

朝からお叱りの内容で申し訳ないですが、さすがに二度目なので声をあげさせていただきます。

お店横にある空のダンボールは許可なしに勝手に持っていかないでください。

お盆明けと本日で2度持っていかれました。

お声をかけていただければ差し上げることはできます。
何も言わずに持っていくことだけは止めていただきたいです。

何卒宜しくお願い致します。


2019年8月20日火曜日

【飯綱・戸隠そば食いツーリング  9月8日(日)開催!】

飯綱山を周遊して高原の秋をサイクリングで体感しませんか?
蕎麦の花を愛で、信州そばで舌鼓。
戸隠神社、鏡池観光も楽しめます。


<開催日時>

9月8日(日)AM9:30~PM4:00頃

<集合時間>

9月8日(日)AM9:00 ※自走の方は 7:00ショップ集合

<集合場所>

小天狗の森 駐車場

<申込〆切>

9月5日(木)当日必着

<申込方法>

所定の申込書・誓約書に参加料を添えて申し込み下さい。
参加料の支払方法は現金書留にて次のところへ

申込用紙
https://cytod.com/site2011/wp-content/themes/todorokicycle_TL/images/top_main/event_20190908.pdf

<コース>

行:小天狗の森駐車場~霊泉寺湖~信濃町~戸隠中社(昼食)
帰:戸隠中社~小天狗の森駐車場にて任意流れ解散
※オプショナルは戸隠中社~鏡池。

<参加料>

1,000円(保険料含む・昼食代別)

2019年8月18日日曜日

【びわ湖一周(ビワイチ) 2019.8.13(火)】

お盆期間中に3名で『びわ湖一周(ビワイチ)』を行いました。

台風10号が接近しかけていたので、8/13~8/15予定 ⇒ 8/12~8/14に急遽1日前倒しして行ってきました。
結果として台風の影響は受けずに無事終えることができました。

※はじめに ビワイチに適した季節は?

気温・天候・風などを考えると、春から初夏(特に5月)と秋でしょう。
夏休みにチャレンジしようという人は多いのですが、炎天下の長時間走行は熱中症の危険が高く、十分な対策と注意が必要です。
 冬は湖北に積雪があり、自転車の走行は難しくなります。

公式ページにはこのような記載がありますので、夏に走るととんでもない暑さが待ち構えています。
我々は十分に水分補給・休憩を入れながら走破しましたので何事もなく(足は痛めましたが)終えましたが、対策なしだと確実に熱中症に陥る気候でしたので、夏の琵琶湖は控えたほうがいいかもしれません。💦
でも、自分はこのときくらいしか遠出できませんので仕方なし・・・もし行かれる方は十分な準備をお忘れなく。(^-^;

平均気温  31.3 °C
高度上昇  488 m
乗車時間 12:44:49(休憩含む)
距離  189.64 km
消費カロリー  5,082 C


<ライド内容>

12日夜に長野出発 ⇒ 2:30頃に滋賀県長浜へ到着。
とても綺麗な琵琶湖の月夜が出迎えてくれました。


道の駅をお借りし、雑魚寝で5:30起床。
6:00頃にビワイチ長浜スタートです。(彦根より10㎞ほど北あたり。)


琵琶湖走り始めて気づいたことが。 
ブルーラインが引かれているという超親切ロケーション!
ほとんど迷うことなく走行できました。(一部途切れる部分もありましたが。)


スタートして直後にまずはコンビニで朝飯&十分な補給をしていきます。

走り始めて30㎞地点にて撮影。



更に10km先くらいのところで湖に近づいて。





①休憩50㎞地点

更に進んで朝飯以来のコンビニ休憩。

ここで一旦琵琶湖から外れて、牧野というところにある【メタセコイア並木】を観に。

メタセコイア並木について・・・

農業公園マキノピックランドを縦貫する県道小荒路牧野沢線には、延長約2.4kmにわたりメタセコイアが約500本植えられ、遠景となる野坂山地の山々とも調和し、マキノ高原へのアプローチ道として高原らしい景観を形成しています。
この並木は、昭和56年に学童農園「マキノ土に学ぶ里」整備事業の一環としてマキノ町果樹生産組合が植えたのが始まりですが、組合関係者をはじめとする地域の人々の手により慈しまれ、育まれて、その後さらに県道も協調して植栽され、延長が伸ばされたことから、現在のこの雄大な姿となったものです。
メタセコイアは、中国原産、スギ科メタセコイア属の落葉高木で、和名はアケボノスギ。
最大樹高が115mにも及ぶといわれるセコイアにその姿が似ていることから、メタ(変形した)セコイアと名づけられています。
春の芽吹き・新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の裸樹・雪花と四季折々に訪れる人々を魅了します。
平成6年、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定され、衆目を集めるに至っています。

参考ページ:https://takashima-kanko.jp/spot/2018/06/post_155.html

実際の写真がこちら!


こちらの写真だとあまり分かりづらいので、道路で撮影した写真がこちら。めちゃめちゃ綺麗でした♪


びっくりしたのが、こちらは徹底して並木付近での路上駐停車は一切禁止にしていました。とても安全に配慮された道で感動しました。
ということで、何枚か写真羅列します。



メタセコイア並木をあとに、引き続き琵琶湖周回へ。

次に予定していたのが【針江 生水の郷】。
琵琶湖周回から外れて行ったところ・・・事前の見学予約が必要でした。リサーチ不足。

詳しくは以下記載。

川端かばたは各家庭の台所として今も利用している場所です、プライベートエリア(私有地)を見学して頂きます。 針江地区では見学に来られる方に生水の郷委員会のガイドが付いてゆっくり見学して頂きたいと思っています。
かばたは各家庭の敷地内にあり、ことわりなしに立ち入る事はできませんし、また公道から中を伺い知ることはできない状況です。
生水の郷委員会では各ご家庭の事情も考慮の上、見学の了解を頂いたご家庭のみを、お越し頂いた皆様に案内しています。
ぜひご理解の上、ご協力お願い致します。

参考ページ:http://harie-syozu.jp/guide

一応水車だけは撮影してきました。ここだけ雰囲気がまた違って良いところでした。


流れている水がとても綺麗で冷たかったです。いいところでした。


その後また琵琶湖周回へ。

②休憩72㎞地点

一旦【道の駅 藤樹の里あどがわ】で休憩。サイクルラックにも【ビワイチ】の刻印がありました。(^^♪


 休憩後、続いては【湖中大鳥居】へ。広島の某神社っぽいです。(^^;


ボートでブインブイン走ってました。


記念撮影も。


 ほんとは白髭神社もあったんですが、時間も考えて鳥居見て次へ。

③休憩100㎞地点

琵琶湖大橋手前で一旦休憩。
時間的に気温的にもこのあたりが一番きつかったです。💦
十分な補給をしました。ICEBOX + コーラが最高においしかった記憶が♪

 琵琶湖大橋を渡れば40kmほどコース短縮なんですが、それじゃ飽き足らない我らだったのであえて外周コースへ行きます。(笑)

続いて大津にIN。

走っていて大津が一番大変でした。
というのも街中を走るイメージでして・・・走る環境としてしんどかったです。💦
歩道を走れるときはなるべく歩道(自転車もOKなところ)に入りつつ、大津をぬけました。写真は特になし。(;^ω^)

④休憩124㎞地点

矢橋帰帆で名物のブラックバス天丼なるものを食べに。
ブラックバスは臭いイメージがありますが、腹部の浮き袋の付け根にある厚い脂肪の部分に臭みの元があるといわれ、皮を剥がしてこの脂肪の部分をしっかり取り除けば臭みを取り除くことができるそうです。

と、その前に小休止時に一名パンクのトラブル。
走行前から剥げたタイヤを付けてたので、案の定パンクです。💦
前に点検時に忠告しておいたのですが・・・もう少し、強く言うようにします。(;^_^A

そしてこのあたりから筆者が右ふくらはぎが痛み始める事態に・・・。(左はなんともなし。)
ペダルを踏みこまなくても痛い、歩いても痛い、要するに何しても痛く、どうしようもなかったです。
ひとまずストレッチだけはやっておきました。トラブルって連続して起きるものなんですかね。(;^ω^)

パンク修理と小休止を終え、矢橋帰帆の琵琶湖博物館でブラックバス天丼を。

と思ったら先ほどのパンクが再発。タイヤごと変えないといけない事態に・・・。
仕方ないので私たち2名はブラックバス天丼、1名は某自転車屋さんでタイヤ交換に行きました。💦

ということで、ブラックバス天丼をいただいたところがこちらの琵琶湖博物館にある【にほのうみ】。


メニューはこちら。


定番と思われる【湖の幸天丼】をいただきました。


ブラックバスはこんな感じ。始めて食べましたが、タラに近いかな?タラにもっと食感が加わった感じで臭みもなく、おいしかったです♪


さて、タイヤ修理の人とは戻ってきてもらうのも大変なので、琵琶湖大橋付近で合流ということに。

途中で琵琶湖大橋を撮影。
でかい橋ですが琵琶湖を渡す橋はこの橋と南の近江大橋くらいなもので、琵琶湖周辺に住んでる方は大変なんだな・・・と実感。


⑤休憩141㎞地点

タイヤ交換の人とは琵琶湖大橋付近のコンビニで合流。
これで再度ゴールまで目指し、いざ残り50km!
しかし、わたしの脚も痛さは増すばかり・・・惰性で走りました。(´;ω;`)


⑥休憩160㎞地点

最後のコンビニ休憩。あと30km!
わたしの脚はとうに限界突破してました。(笑)
痛い脚の中、ゴールに向けてひたすら走る走る・・・。

そして感動のゴール手前の彦根で綺麗な夕日!

残り10kmでしたが、あえてここでみんなを停めて夕日をバックに撮影タイム♪



個人的にこの写真がベストショット♪
スマホを自撮りモードで丁度良い場所に置いて、セルフタイマーで撮りました。逆光で誰が誰なんだ状態ですけど。(笑)


そして大体18:30くらい?に無事ゴール!!!感無量でございます。( ノД`)

休憩含んだ乗車時間 12:44:49・・・長い長い一周でした。

脚の痛さは翌々日まで響きましたが、今現在、無事に治りましたとさ。(^^;


<総評>

色々と小さい問題はありましたが、無事に琵琶湖一周を終えることができました。

琵琶湖一周で個人的に印象的だったのは【メタセコイア並木】でした。
え、琵琶湖じゃないの?と思いますが琵琶湖自体は行けば周回中にいつでも見れますので・・・。(;^ω^)
このメタセコイア並木は是非とも立ち寄っていただきたいです。👍
立ち寄るといったのは、あえてコースを外さないと観に行けないためです。
多少の手間はかかりますが、本当におススメです。気温も心なしか涼しかったですし。
惜しむべくは【針江 生水の郷】。事前に見学予約が必要なので、もし行かれる方は要注意。

そして夏の琵琶湖は超過酷でした、というのが簡単な感想。(^^;
過去に佐渡ロングライド210㎞も何度か出ていますが、佐渡より獲得標高は大したことない(佐渡は獲得標高1800m、琵琶湖は480m)ですが、それ以上に暑さでかなりきつかったです。
でもやはり佐渡のほうが厳しいか・・・といった感じ。佐渡は山越えありますからね。(^^;
加えて佐渡は5月に走りましたから・・・気候って大事です。
ちなみに筆者は日焼け対策にアーム・レッグカバーしていきました。
してなかったら今頃真っ黒に焼けてたかも。
惜しむべくは、顔と首回りまで手が回らなかったので、首回り真っ赤、鼻の頭は一皮むけました。(笑)日焼け止めクリーム、いつも忘れます。💦

休憩は朝ごはんを入れて7回休憩してました。
約27kmに1回、1時間に1回の休憩ペースでした。でないと、ほんと倒れます多分。(;^ω^)
無理に走らず適度な休憩・・・大事ですね。

筆者が脚を痛めてしまいましたが、痛みが来てしまったのは暑さのせいなのかな・・・と思いつつ、ちょっと自分のペダリングとポジションを一度見直しをする良い機会になりました。
ペダリング・・・蟹股になりがち = ふくらはぎに集中して負担がかかる。なるべく蟹股にならないよう意識して踏んでみます。
ポジション・・・サドル低めな感じ。もちょっと上げようかな。おけつも痛くなる感じですし、蟹股にもなりやすいでしょうし・・・。

走破前から剥げたタイヤをつけて、予測通り途中でパンク(というかタイヤ破損)した彼には十分言っておきます・・・。(苦笑)
いざというときに今後予備タイヤ持ち歩くのもありなのかな・・と思ってしまいました。(^^;

最後にGARMINを長持ちさせる方法を大発見!
いたって単純で【バックライト設定を100% ⇒ 0%】にしただけで13時間越えてもバッテリー切れなし!
日中にバックライトいらんですもんね。(^^;
ご参考までに。

<おまけ 彦根城観光>

キャンプで寝泊まりして次の日、滋賀彦根観光で彦根城へ。

彦根城って結構急な坂道を登るんですね・・・こんな階段を3~4つほど登りました。(^^;

天秤櫓 (てんびんやぐら)

表門から坂を上がって行くと廊下橋(非常時には落とし橋となる)が見えます。
この橋を中央として左右対称に建てられているのが天秤櫓です。まるで天秤のような形をしているところから天秤櫓と呼ばれています。
日本の城郭でこの形式のものは彦根城だけです。
また、橋は鐘の丸から渡され、廊下橋と名が残っています。今は架け橋ですが、往時は両側に壁があり屋根のある橋でした。中の人の動きが外からは見えないようにしてあったといわれています。



天守 (てんしゅ)

国宝彦根城天守は北西に附櫓(つけやぐら)が、さらに長い多聞櫓が連なります。また、破風は変化の妙に富んでいます。天守一層目の軒に並ぶ八つの「へ」の字形の切妻破風は、それぞれの大きさと奥行きに変化をもたせ、二層目は、南北を切妻破風、東西を入母屋破風とし、南北にが唐破風が設けられています。この切妻破風、入母屋破風、唐破風を組み合わせた類い希な美しさは見逃せません。 彦根城の天守は、長方形(梁行に対して桁行が長い)で、表門から登ると目に入る東の面や、琵琶湖側から望む西の面は、そそり立ち端正な佇まいを見せます。逆に南、北の面はどっしりと幅が広く安定した面もちです。また、一層目は、大壁の下に下見板が取り付けられ、窓は突き上げ戸になっています。


ひこにゃんと。


ひこにゃんは時間で登場するようです。残念ながら時間合わず会えませんでした。(上の写真は人形ではなく、ボードです。💦)


 天守からの情景。なお天守場内はめちゃくちゃ暑かったです。💦






観光は以上です。

最後の最後に・・・滋賀県ではサバが有名で、焼きサバ寿司をいただきました。
はい、とてもおいしかったです♪


海ないのになぜサバ?と思って調べました。

その昔、「鯖街道」と呼ばれた日本海でとれた鯖を小浜からびわ湖西岸を通り京都へ運ぶ道があります。長浜へも鯖街道の支流が延び、敦賀・木之本の「北国街道」を通り、長浜へも鯖が運ばれました。
鯖は鮮度落ちが早いため、海から引き上げられるとすぐに濃い塩で〆られ、道中ほどよい塩加減で長浜にやってきたと聞きます。

詳しくは下記リンク先参照。
http://naga-labo.org/daily/%E7%90%B5%E7%90%B6%E6%B9%96%E3%81%AB%E9%AF%96%EF%BC%9F/

【クイズ 自転車どこが壊れている? 出題編】

突然ですがクイズです。 こちらの自転車のとある部分が『致命的に壊れて』います。 さて、どこでしょう?※サドルではないです。  正解は・・・明日発表します。簡単かな?(^-^;