2019年1月29日火曜日

【105⇒ULTEGRA組み替え】

コンポーネント105からULTEGRAに組み替えのお客様をご紹介。

組み替え対象はSTI・リアメカ・フロントメカ。


まずはSTI。

<105>


<ULTEGRA>


そしてリアメカとフロントメカ。

<105>


<ULTEGRA>


ブレーキは以前からULTEGRAにしており、今回で他を組み替えた形です。

ゆくゆくはディープホイールにしたいな~、なんてお話も。

一度に全てアップグレードせず、すこ~しずつ組み替えていくのも一つの楽しみですね。(^^♪

2019年1月28日月曜日

【ホイールのボールベアリング】

この時期(冬場)は修理関連のネタが多くなります。(^^;

フルメンテナンスの一環で行っているホイールハブのオーバーホールでのお話。

写真のベアリング、違いが分かるでしょうか?


右側に集まっている玉が古く、左側に一つだけある玉が新しいものになります。

古いほうはよ~く見てみると、茶色に変色してしまっています。(写真だとくすんで見えるだけかも?)
いわゆる若干の錆です。

ベアリングが錆びて劣化してしまうと回転がしぶくなってしまい、最悪ベアリングが割れて回転が酷くなります。(よほどのことない限り割れませんが一応前例を見たことはあります。)

ベアリング一つは数円程度なので、オーバーホールの一環として今回はサービスで交換させていただきました。もちろんグリスもたっぷりと。

ちなみにこの玉、『3/16インチ(4.7625ミリ)』の大きさで、主に前ハブに使用されます。ちょっとマニアックなネタ。(;^ω^)

見えないところに潜んでいる問題ということでピックアップしてみました。

2019年1月27日日曜日

【積もりました 1/27(日)】

連日の積雪状況失礼します。

先日より積もりましたね。(汗)


駐車場に車が入れない状況でしたが、なんとか片づけました。

今日の雪は重たい重たい・・・。


道路は滑るところもありますので十分ご注意ください。

2019年1月26日土曜日

【積もりました 1/26(土)】

本日も積もりました。

先日よりちょこっと多め。


今晩の予報がまた雪予報だそうですのでご注意ください。

2019年1月25日金曜日

【よくある修理 チェーンとギア(スプロケット)】

【よくある修理 パンク】【よくある修理 ブレーキゴム】
に続き、今回は『チェーンとギア(スプロケット)』

よくある修理特集は今回でラストにします。(最後にその他修理を簡単にまとめました。)

※過去特集は以下になります。

【よくある修理 パンク】

https://cycletod.blogspot.com/2019/01/blog-post_18.html

【よくある修理 ブレーキゴム】

 https://cycletod.blogspot.com/2019/01/blog-post_21.html

<チェーン>

こちらもパンク修理のついでのチェックですぐに分かります。

何故かというと、明らかにチェーンが張っておらずダルンダルンになっているのが一目瞭然だからです。

以下は他ブログから抜粋させていただいた、チェーンが伸びている状態の写真です。
見るからにだら~んとしてしまっているのが分かりますね。


よく自転車を漕いでいる人でガチャンガチャン鳴らしている方がいらっしゃいますが、原因がこのチェーンの伸びです。

伸びるとどうなるの?というのがチェーン関係で特に多い「チェーンが外れちゃいました。」という修理。

チェーンが外れる要因はチェーンが伸びすぎてダルンダルンになり、振動で外れるケースです。
上記写真で見てもらう通り、揺れですぐにチェーンが外れてしまいそうなのが分かります。 

チェーンはペダルを踏みこんだ時に引っ張られるので、使い続けていれば金属疲労により伸びていってしまいます。

チェーンの寿命を延命させるには、定期的なチェーンへの注油が必要です。
注油のお話に関しては、旧ブログでまとめていますので以下リンク先をご参照ください。
http://cycletod.naganoblog.jp/e2065684.html

※注油にKURE556だけは絶対やめてください!
 
<ギア(スプロケット)>

チェーンと合わせて確認すべきところが『ギア(スプロケット)』。

こちらはついでにチェックするのが若干難しいところです。

ギアはチェーンによって摩耗されていくため、チェーンだけ新しくすると噛み合わせが悪くなり、『歯飛び』という症状(チェーンがギアにうまく引っかからず、滑ってしまう。)が起きてしまいます。

ギアの摩耗チェックとしては、当店ではこちらのツール『KMC スプロケットチェッカーを使用。


 実際に摩耗具合で比較すると、こちらが正常な状態。


そしてこちらが異常な状態。


異常であるかは先端のチェーンがしっかりはまりこんでいるかどうか。
写真で言うと先端部分が浮き上がっているのが分かるかと思います。(ちょっと分かりにくいですが。)
これが摩耗のサインです。

よくある修理特集はここまでにします。

他にも以下の修理がちょいちょいありますので簡単にピックアップします。

<その他修理 ピックアップ>

・ハンドルのグリップ  ⇒ 劣化するとツルツル&ベタベタするので気分的に良くないのであまりにも劣化が酷ければ交換を勧めます。

・サドル

 破けている方が多いです。雨降ると水が浸み込んでズボンがビショビショに・・・。

・ハンドルの中心ずれ

 自転車を倒してしまった または 転倒によりハンドル固定位置がずれてしまっているケース。 
修理のついでに良くチェックするのですが、割と多くの方が中心からずれています。※修理の場合にサービスで直してます。
ハンドルの中心がずれている = まっすぐに走れていないので、地味に危険です。

・ホイール関係

 こちらも転倒や自転車を倒してしまった等で、ホイールが歪んでしまうケース。 
あまりに酷いとホイールごと交換になります。(ホイールの振れ確認で歪みが1cm以上ある場合。)

・カゴ

 ときどきブランブランになっている方がいらっしゃいます。カゴが壊れてしまってカゴ金具から外れてしまってケースですね。
ブランブランしてていつカゴが落ちるか怖いのでできるだけ早急に直していただくことをすすめます。

ひとまず、今回で修理特集は終わりとします。

忘れているようなことがあれば、また記事にしたいと思います。

どれか一つでも該当・心当たりがある場合は、最寄りの自転車屋さんへ早急に修理してください。

2019年1月22日火曜日

【いよいよ積雪】

一晩だけで積もりましたね。


例年でみてると1月末くらい~2月が一番積雪するシーズンですね。

 雪かきされる方は腰痛めないようにお気を付けください。(^^;

2019年1月21日月曜日

【よくある修理 ブレーキゴム】

先日取り上げました【よくある修理 パンク】の続きです。
前回記事 : https://cycletod.blogspot.com/2019/01/blog-post_18.html

パンク修理でお持ちいただいた方の自転車は、他に問題がないかついでに軽くチェックを行いますが、そこで多いのが・・・『ブレーキゴムの劣化』。(旧ブログでも取り上げてましたが、改めてということで。)

偶然にもこの記事を書いた当日も、ブレーキゴム交換修理が一件ありました。(^^;

ブレーキゴムの交換が必要になってくるとブレーキレバーを引くと明らかにブレーキがかからないんじゃ?というくらい、スッカスカの感覚なのが分かります。
(普段乗られているとこの感覚が分かりにくいかもです。)

こういう状態を見るとすぐにブレーキゴムをチェックするのですが、写真のようにゴリゴリと減りまくっている場合が多いです。(^^;(上が古いゴム、下が新しいゴム)
交換目安はブレーキゴムの溝がなくなってきたらです。


ブレーキゴムに関してはブレーキに関わる大変重要な部分で、ゴムの減りが酷いとブレーキが効きづらくなるので非常に危険です。

それ以外にも放っておくとゴムがなくなって金属部分がむき出しとなり、その金属がホイール部分をガリガリ削ることになります。
もちろん、金属で止めようとするのでブレーキも効きません。
その状態で乗り続けるとブレーキが効かずに大変危険であるのと、最悪ホイール交換となります。
※実際に交換のケースはあまりないですが、一歩手前になっているのは多々見かけます。

なかなか普段、ここまでチェックされないかと思いますが、パンク修理に次いで本当に多い感覚があります。

よくある修理、これで終わりか、と言われるとそうでもなく・・・次回に続きます。

2019年1月18日金曜日

【よくある修理 パンク】

よくある修理に関するお話をピックアップしてみました。今回は『パンク』について。

冬場は自転車に乗る機会が少なくなりますが、修理に持って来られる方は定期的にいらっしゃいます。

ダントツで多いのが『パンク修理』

しかし!このパンクというのが実は厄介でして、実はパンクしていないケースというのが多かったりします。

その原因がこちらの『虫ゴム』。
以前も取り上げましたが、この黒いゴム部分がへたってくると、穴が開いて空気が漏れ出します。

その結果、空気がべこべこ ≒ パンクという結びつきができてしまうんですね。

ちなみに虫ゴムの交換は300円で済みます。パンクは1,400円(お持ち込み1,600円)なので大分安く済みます。

本当にパンクするケースとしては以下の通りです。 ※他にも原因がありますが例ということでこのくらいにまとめます。

・異物(針金みたいなの、くぎ、ねじ等)がささった、小石などの尖ったものを踏んだ ⇒ パッチを貼ります。※すでに2~3か所貼っている場合はチューブ交換。

・チューブが劣化 ⇒ チューブ交換になります。

・リムテープが劣化しており、チューブの内側がパンク ⇒ チューブ&リムテープ交換になります。 ※リムテープ劣化も結構多いです!中身を空けないと分かりませんので中々チェックする機会が・・・。

・タイヤがツルッツルの場合(タイヤ劣化) ⇒ タイヤ&チューブの交換となります。 ※このケースもかなり多いです。(^^;

いずれのケースも空気が少ないと起こりやすい事象です。(リムテープとタイヤ劣化は別ですが。)

よく自転車屋さんが「空気は必ずこまめに入れましょう。」というのは、パンクを未然に防ぐだけでなく、走行性も良くしていただくためです。(空気が少ないと速度が全然出ません。)

ご面倒ではありますが、空気の充填は最低でも1か月、できれば2週間に一回いれていただくことを強くオススメします。

なお、パンク修理でお持ちいただいた方の自転車は、他に問題がないかついでに軽くチェックを行いますが、そこで多いのが・・・。

続きは次回にまとめたいと思います。 (^^;

2019年1月17日木曜日

【上山田温泉~東御市 海野宿 2019.1.16(水)】

年明け初のソロライド。
気温が寒い中どうしようか迷いましたが、いつ雪が積もっても・・・という時期だったので、上山田温泉スタートで東御市の海野宿までライドしてきました。

なぜ東御市方面かというと、長野市は曇りに対して上田方面は晴れだったからです。(^^;

※サイコン忘れましたので、記録はアバウトになります。
平均気温 3~4°C
高度上昇 ?m
乗車時間 約4時間半(休憩含む)
距離 約44km
消費カロリー ? C

<ライド内容>

上山田温泉スタート(河川敷沿い公園に停車)ということでいざスタートしようとしたところ、早速やらかしました。(泣)

・サイコン忘れた。 ⇒ 記録はアバウトです。
・タイツ忘れた。 ⇒ なんとか秋用のズボンにレッグウォーマーで代用。ちと寒かったです。
・靴を間違えた(SPD用持ってきっちゃった。) ⇒ 仕方ないのでフラット状態で漕ぎました。(^^;

皆様も走行前に用品チェックは十分にご確認ください。(苦笑)

気を取り直し、河川敷沿いに上田へ向けてスタートです。

のっけから風が冷たい・・・途中道路にある気温計でおそらく3℃くらいだったかな?

備忘録的に、坂城手前の分岐箇所で間違えそうなので写真を一枚。左に降りないといけないのに通り越しそうになっちゃうんですよね・・・。
上田道の駅へ到着し、小休止。

上田道の駅にミニ四駆スペースができていました。上田では今ミニ四駆が熱い・・・?!
小休止後、上田城へ向かうルートへ進み、いつもの大きな橋を渡って、まっすぐに行かず河川敷沿いを走ります。全然知らない道を走るので新鮮でした。

河川敷途中で上田電鉄 別所線の『千曲川橋梁』を通り、思わず一枚撮影。

映画サムライフでもポスターを飾っていたところですね。(こっちはポスターと反対側ですが。)
奇麗な赤い橋で、味がある橋でした。場所的には上田駅からすぐです。
その後は河川敷の道路がなくなり、途中から大きい道路へ。ここからちょっと大変でした。

分岐点はこの大きい橋があるところ。
調べてみたところ、『上田ハープ橋(北陸新幹線第2千曲川橋梁)』 だそうです。
めちゃくちゃでかいです、ほんと。(^^;

 上田~東御市内を通り、大屋駅を抜けて、いよいよ海野宿到着!

まずは神社でお参り。
立派なご神木がありました。
街並みがこちら。江戸時代の宿場が残っており、とても情緒溢れるところです。
用水路も当時のまま。
折角なので資料館を観ようと思ったのですが…なんと冬季期間は休業とのこと。リサーチ不足でした。(;´・ω・)

無料案内所の方からお話を聞くと、冬季はどのお店もお休みされているようで・・・写真にあるとおり、ひな祭りシーズンが良いそうです。ご注意ください。

ちょっと体を温めるべく、レストラン『キャロット』でカフェタイム。

無性にパフェを食べたくなったので珍しくいただいてみました。フルーツが全般的に新鮮で甘く、おいしゅうございました♪コーヒーはマイルドエスプレッソということで、かなり苦めでしたが、おいしかったです。
カフェ後はそのまま帰路へ。

先ほどの分岐『上田ハープ橋』の先くらいで川を渡り、反対側の河川敷沿いで戻りました。

最終的にはいつもの橋と合流。

上田道の駅には寄らずそのまま上山田温泉まで直行。

帰りは逆風がすごく、冷たい風がきつかったです。(泣)

上山田温泉へ到着後、コンビニにある足湯で暖まります。

が、足湯でも風が猛烈に冷たく、5分もしないうちに上がりました。(;^_^A

<総評>

この時期のライドは積雪がなくとも気温が上がらない日は厳しいです・・・体が冷え冷え。

この日は特に最高気温3度だったので、晴れとはいえやはり寒いものは寒い。

とはいえ、しっかりと防寒対策を施したので大丈夫でした。(ネックウォーマー、耳当て、シューズカバー等。)

海野宿は本当に景観がよく、見ごたえありなんですが、冬場はお休みなのでお気を付けください。(苦笑)

上田方面は良天候が続きそうなので、また行きたいと思います。(長野市はそろそろ雪が・・・?)

2019年1月14日月曜日

【盗難にご注意!!】

先月に自転車の盗難被害に合われたお客様がいらっしゃいました。改めて盗難について記事をまとめてみました。

盗難被害では盗難されたバイクが出てこないケースが多いです。。。

世の中には盗難保険もありますが、保険があったとしても全額補償されず、一部費用負担が発生することもあります。

残念ながら盗まれないように気をつけることは自転車に乗る以上、必須事項とも言えます。

盗難防止で気を付けておくべきは、以下の通りです。(まだまだあるかもしれませんが、一例ということで。)

●人の目の届かないところに停めない。※以下<事例1>と矛盾してますが。。。
●盗まれにくい鍵を使う。(超太いワイヤー錠。)
●鍵は自転車スタンドなどの構造物と繋ぐ。(地球ロック)
 
以下に盗難事例をいくつか挙げますので、改めてご注意ください。

<よく聞く盗難場所>

・駅前近辺
・権堂界隈
・もんぜんぷら座
・市立図書館
・イトーヨーカードー駐輪場
Etc・・・

※人通りが多いところが多い気がします。人の目につくからといって、安心できるわけではないようですのでご注意を。

<事例1 アルミロードバイク>

時期は先月の12月中旬くらい?
もんぜんぷら座に駐輪していたところ、鍵を切られて盗難。
現在のところ出てきていません。
CAAD8をシングル化しているので、大変特徴的なバイクです。
 
<事例2 カーボンロードバイク

他県の合宿の宿舎に置いていたら盗難被害。
犯人は捕まったのですが、ネットで売られてしまい、どこにいったのか不明。
結局バイクは戻って来ず、犯人からも請求できずに泣き寝入り。
犯人は捕まっているのにも関わらず何も返ってこない、最悪のケースです。。。

<事例3 アルミロードバイク

購入して2週間ほどで、長野駅前に駐輪しておいたところ、盗難。
バイトで一生懸命貯めてようやく購入されたバイクなのに、わずか2週間で盗難被害・・・とても辛い話です。
こちらも続報はありません。

<事例4 クロスバイク>

イトーヨーカードーの駐輪場に置いて食事後、戻ってきたら盗難。
半年くらいしてから犯人が捕まり、戻ってきました。
戻ってきたのでまだ救われた例なんですが、その間に移動手段に困るとのことで、泣く泣く新しいクロスバイクを購入されました。

<参考サイトご紹介 鍵のかけ方・盗難保険>

鍵の選び方と用途別おすすめの鍵5点
https://www.roadbk.com/Item/Key.html

みんなのスポーツサイクル保険(運営会社:日本少額短期保険株式会社) 
https://www.n-ssi.co.jp/catalogue/sportscycle/

ちゃりぽ(運営会社:ジャパン少額短期保険株式会社)
http://charipo.net/


2019年1月13日日曜日

【Mybike図鑑① ラレー RSS(ミニベロ通勤用)】

ふと自分が所持しているバイクをまとめてみようと思いついたので、はじめてみようと思います。

完全に自分自身のお話なので、ご興味ある方は覗いてみてください。超思いつきなので。(^^;

第一弾として通勤用自転車から取り上げてみようと思います。

<メーカー・車名・購入時期>

RALEIGH(ラレー)・RSS・2017年冬くらい?


 <主なスペック>

ラレーのクロモリミニベロ。通勤用に欲しいと思い、クロスバイクだと場所を取りそうだったのでミニベロにしました。

ハンドル・クランク・ブレーキ本体・泥除けは変えていません。 タイヤは冬はブロック、冬以外はデフォルトタイヤです。

もとは8S仕様(ALTUS)の車種を、10S仕様(Tiagra)に組み替え。

前輪はハブダイナモのハブを購入し、リム・スポークはそのまま使いまわして組み替え。ライトは電池式等のエネルギー交換が面倒だったので、常に発電してくれるハブダイナモにしました。


後輪はXTハブを購入し、リム・スポークはそのまま使いまわして組み替え。
非常に苦労したのがエンド幅135mmでディスク仕様ではないリアハブを探したところ。
エンド幅135mmだとディスク仕様のハブばかりでして・・・このハブに行きつくまで苦労した覚えがあります。


<付属パーツ>

カギは馬蹄錠とワイヤー式。最初はワイヤー式で使っていたのですが、若干面倒に感じたので馬蹄錠を取り付け。(防犯上あまりよろしくないですが・・・。)


サドルはSDGのDUSTER-CEN STEEL。
 

グリップはERGONのバイオコルク。ブラウン系で統一したかったので。


カゴはGizaproductsのウッドボトムバスケット。ウッド感を出したかったので。
若干小さめなので大きめのに変えたい、けどカゴを余らせてもなのでこのまま使います。
このフロントライトはカゴ板の下にうまく取り付けてますが、何回かチャレンジして今に至ってます。(^^;


チューブのバルブは英式ですが、空気圧を測りたいので英式⇒米式変換アダプターを付けてます。

ペダルはMKSのLAMBDA(ラムダ)。
名前がかっこいいから・・・ではなく、このイボイボが滑らなくて具合良いというお話を聞いていて、なおかつMKS社員直々のおすすめだったのでチョイスしました。
ベアリングがぐるんぐるん回りますし、とても具合良く使ってます。

 その他、ハンドルにボトルケージ(缶コーヒーくらいまで伸縮できるタイプ)、フレームにボトルケージ(余りもの。正直使ってません。(苦笑))、ベル、トップチューブバッグ、テールライト(自動点灯)が付いてます。

<まとめ>

こうしてみると、手を入れまくってますね・・・。(;^ω^)

普段使いでほぼ毎日使ってますが、とても具合よく乗らせてもらってます。クロモリだと乗り心地がいいですね。

ただ、20インチなので速く走りたいときに速度感が足りません。(通勤・街乗りメインなのであまりシチュエーションないですが。)

行動範囲的に、善光寺くらいまでは行けちゃいます。最大で城山公園くらいまで。坂はちときついです。

使用頻度が一番高いバイクですが、2年くらい乗っててタイヤの減りがそこまで減ってないです。乗ってる距離がそこまでではないためかと思います。

一生涯乗ることを目標にしようと思います。

2019年1月12日土曜日

【※注意※ インフルエンザ蔓延・・・。】


本日、社長が『インフルエンザのためお休み』しています。

北信地方で猛威をふるっているようなので、お気を付けください。

インフルエンザ予防のサイトを貼っておきます。

2019年1月11日金曜日

【2019年1月研修】

年明け早々に研修会へ行ってまいりました。

日程を一日間違えていて、午後から参加という恥ずかしいミスを、年明け早々にやらかしました。(苦笑)

研修はいろいろと勉強になりましたが、研修内容はビジネス要素が多いので割愛します。

今行っている研修会は全国の自転車店さんから一部の方へ声をかけた方のみ集まっており、総勢16名となります。

そんな中、富山県の『吉崎サイクル商会』さんから、「そちらのイベント、参加してもいいですか?」という嬉しいお話をいただき、もちろん私は「是非来てください!」と即答しました。(笑)

※『吉崎サイクル商会』HPはこちら。https://blog.goo.ne.jp/yoshisakicyc

ということで、今年のショップイベントのどれかは未定ですが、富山県の方と合同サイクルイベントが決定しました!!(パチパチパチ)
※コンセプトはマッタリです。ガチではありません。

具体的に全然決まっていませんので暫定ではありますが、県外の方としかも自転車屋さんを通じてこのようなお話が来るとは予想外でした。

お話を聞くと、長野でぜひ走りたい!というお客様が多いらしく、それなら・・・という発想でこちらにお声がけいただいた次第です。

研修会は勉強だけでなく、こういった交流も新たにできることが素晴らしいです。

どんなイベントになるか全く読めませんが、普段行っているショップイベントと大きくは変わりません。(参加人数が多めになるので、そこは気を付けないとですね。)

県外の方とのライドはまたとない機会なので、逆に富山行きたいな~なんて、逆にこちらから富山ライドが行われるかも・・・?!

詳細が決まり次第、また随時記事にしたいと思います。

なお、研修のほうは2月28日予定で、間空いて7月予定です。

2019年1月10日木曜日

【保険加入を義務化・県が「自転車条例」案を提示】


研修の感想を書こうと思ったのですが、大事なニュースがありましたので展開させていただきます。


以前話が出ていた自転車条例案の骨子案が、いよいよ来月の部局長会議で条例案を正式決定し、2月県議会に提出する方針だそうです。

案の内容は長野県で自転車の利用者に保険への加入を義務づけられます。(罰則は設けない。)

ショップとしてどう動いていけばいいのかが、課題です。

(以下、サイトから抜粋。)

県は、自転車の利用者に保険への加入を義務づける一方、罰則は設けない内容を盛り込んだ条例案を示しました。

県は自転車の安全で快適な利用を進めるとして、いわゆる「自転車条例」の制定に向け検討しています。

きょうは関係団体でつくる検討連絡会議で条例案を示し、県民に新たな負担を負わせるとして議論があった保険加入の義務化については罰則を設けない内容で明記しました。

県くらし安全・消費生活課の古川浩課長は、「(保険加入の)負担が少なく加入できる仕組みを県として考えていきたい」と話しています。

このほか条例案にはヘルメットなど安全装備の着用や、自転車の大会では、環境に配慮してコースを設定することなどが努力義務として盛り込まれる見通しです。

県では、来月の部局長会議で条例案を正式決定し、2月県議会に提出する方針です。

2019年1月7日月曜日

【お知らせ セールとその他】

年末年始セールは明日1/8(火)までとなっております。


また、本日から3日間ほど、研修のため筆者不在となります。(お店は営業しています。)
 宜しくお願い致します。

2019年1月5日土曜日

【年末年始ライドレポート】

年末年始でちょろっとライドをしましたので、簡単にレポート致します。

<12/31 豊野りんごの丘>

走り納めに豊野のりんごの丘公園までライドを行いました。

平均気温 1.7 °C
高度上昇 132 m
乗車時間 8:42:12(休憩含む) ※Garmin停止し忘れました。(^^;
距離 31.63 km
消費カロリー 825 C


最後のライドで良い天気に恵まれました。


りんごの丘公園の様子はこんな感じ。積雪がすごかったです。(道中の雪はほとんどありませんでした。)


 丘から撮影。いい眺めです。雪だるまがかわいい。⛄


公園内は雪がすごかったです。5cmくらい?


 直火は禁止ですが、バーベキューは可能です。シーズン中に来てみたいです。


景色を眺めてるとトランペットを練習する方がいらっしゃいました。なんだか心地よかったです。


こうして最後のライドは完了しました。

<1/2 新春ライド 上山田温泉>

1/1の夜に降ってしまって降雪が見られました・・・が、声がけしていた方々と川中島古戦場へ集合し、なんやかんやでライドを行いました。
※Garminバッテリー切れにより、記録はありません。


 川中島古戦場にて撮影後、スタートです。


土手沿いに出てみると、積雪はなく多少濡れていた程度。全然走れました。


南へ行くほど天気も良かったです。


まったり楽しむライドでしたので、普段寄らない塩崎のコンビニで休憩。今回はロード2台、あどべんちゃ~ロード1台、クロスバイク1台でした。


上山田温泉に到着し、足湯でほっこり。自転車の人は誰もいませんでした。(^^;
ちょいちょい地元の方が足湯に浸かりに来られてましたので、しばし談笑しながらまったり過ごしました。


丁度お昼ご飯の時間になったので、『芳蘭』さんでお昼をいただきました。こちらは焼肉と餃子がメインのお店。 
予約でいっぱいだったのに、なんとか開けていただき、おいしい焼肉と餃子をいただくことができました。ありがとうございました。結構お値段がリーズナブルでオススメです♪



 帰りに普段寄らずに素通りしてしまう上山田温泉入り口にある『佐良志奈神社』でお参りしてきました。


こちらの入り口の輪は、くぐる手順がありました。


手順に従ってくぐり、中へ。


 神社はこのような風景。味のある良い神社でした。


 大きい焚火が行われており、体を温めることができました。


帰りは河川敷ではなく、屋代線沿いの道で帰りました。
実は皆さん知らない道でしたので、新鮮で楽しかったと喜んでいただけました。

ということで、年末年始はマッタリとライドでした。

願わくば新春ライドは前日に雪が降ってほしくなかったですが・・・。(^^; それでも、河川敷は積もった雪もほとんどなく、帰る頃には道路も乾いている状況でした。

年末年始で良いライドが行えましたので、今年一年、良いライドとなりますよう。(-人-)

【注意喚起 事故増えてます。】

最近事故対応が多いと思ってみたら、一か月以内に3台来ていました・・・。 下手すると週一ペースで事故修理があることになります。 事故が多いときにのみ注意喚起を促す形となってしまいますが、改めて交通事故にご注意ください。